2011年11月10日

冷え症と服装の関係

あなたを冷え症から守るのはあなたしかいない。

ですので、最近のアイテムの情報を収集しながら工夫してください。

冷え症からあなたを守るグッズはたくさん売られています。

最後に冷え症対策グッズのリンクを貼り付けておきますのでご覧ください。

では、服装と冷え症の関係についてお話しします。

冷え性の方は、服装にも気を付けたいものです。

冬場はもともと寒いですから、見えない所でババシャツ着ていたり、
重ね着したり、ヒートテックのシャツを利用したりする人が多いですが、
それでも足が冷えるという人は多いと思います。

やはり、事務系オフィスでは、
まさかストッキングの上から靴下をはくわけにはいきませんから、
どうしても足が冷えるという人が多いですね。

そんな場合には、靴の中に唐辛子やミニカイロを入れておくと温かくなります。

また、冬場よりもむしろ、
夏場のクーラーによる冷え性・冷房病に悩む女性も多いものです。

特に、オフィスのエアコンの風が直撃するような席だとつらいですよね。

職場には必ず、カーディガンなどを常備しておきたいものです。

それに、「ダサい」という理由で嫌う人が多いですが、
女性の場合は特に、腹巻や毛糸のパンツが大変冷え性に有効です。

デスクワークの多い場合は、体を動かさないため、
お尻から腰にかけてが驚くほど冷えてしまいます。

すると、ますます血行が悪くなり、足が冷えることになってしまうのです。

体の中心である腰やお腹を温めるということは、
全身の血行を促進し、身体全体を温める効果があります。

ですが、同じくお腹を覆うのでも、
きついガードルなどの場合は逆に血行を悪くしてしまいますから、避けた方が無難です。

身体にぴったりフィットしている方が温かそうに感じるかもしれませんが、
空気の層があった方が実際は温かいのです。

それらも考慮してコーディネートしてください。

韓国伝統の美容!よもぎホットシート!冷え性の方の必需品!
タグ:冷え症 服装
posted by mhiesho at 09:53| 冷え症と服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。