2011年10月16日

冷え症の原因の食べ物

日本には、四季があり、それぞれの季節でおいしい食材があります。

旬の食べ物は、その季節で人間が必要と思われる要素が入っています。

ですので、旬のものを食べてほしいと思います。

では、冷え症の原因の食べ物について解説しましょう。

実は、冷え性と食生活はとても関係が深いのです。

摂取し続けていると冷え性を悪化させてしまう食べ物もあるので、
今回は少し紹介したいと思います。

冷え性でお悩みの方は、避けた方が良い食べ物がいくつかあります。

このように、避けた方が良い食べ物のことを「陰性の食べ物」と呼びます。

陰性の食べ物とは、体を冷やしてしまうだけでなく、
ドロドロの血液を作り出してしまい、
冷え性の最大の症状である血行不良を起こしてしまうのです。

主な陰性の食べ物としては、
脂肪分の多いスナック菓子やファーストフード、チョコレートやお砂糖なども
陰性の食べ物にあてはまります。

他に、大豆やコーヒーなども避けた方が良いでしょう。

サラダなどの生野菜も体を冷やしてしまうので、
生野菜ではなく温野菜にしたり煮物にしたりと、
加熱調理をしてから食べるように工夫をして下さい。

冷え性の方は避けた方が良い食べ物というだけで、
決して陰性の食べ物が体に悪い訳ではないのでこれは覚えておいて下さい。

陰性の食べ物は元々暖かい地方で収穫される野菜であったり、
夏に収穫される茄子などのことを言います。

体を冷やしてしまう食べ物として陰性の食べ物をあげましたが、
逆に冷え性を改善するために食べた方が良い食べ物のことを「陽性の食べ物」と言います。

陽性の食べ物の代表は、玉ねぎやにんにく・こんぶやひじきなどがあげられます。

陰性の食べ物を絶対に食べてはいけないという意味ではなく、
冷え性を改善させるために、偏った食生活を改善する方法を一度考えてみて下さい。
posted by mhiesho at 05:22| 冷え症の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

冷え症の原因とは

冷え症で困っている人、日本にかなりいらっしゃいます。

この記事で一人でも多くの人が冷え症から解放されることを期待します。

冷え症は、さまざまな原因が考えられます。

その原因を一つ一つ明確にして、それについて改善方法を述べたいと思います。

では、冷え症の原因についてお話しします。

血行が悪くなり、
温かい血液が手足の先まで行き届かない状態を冷え性と言いますが、
なぜ冷え性は起こるのでしょうか。

冷え性が起こる原因は決して1つではなく、
様々な原因が絡み合っていることが多いのですが、
その様々な原因を知ることで冷え性を改善していけるでしょう。

人間は、気温の変化を自動的に察知して、体温を調節する機能を持っています。

しかし、冷暖房器具を使用することによって、体温の調節機能が低下してしまうのです。

このように、冷暖房器具に頼りすぎて、
体温調節がうまく出来なくなってしまうことが、冷え性を起こす原因の1つでもあります。

また、食生活も冷え性を起こす原因の1つです。

冷え性は血行が悪い状態にあると最初に述べましたが、
食生活などの生活習慣が乱れていると、ドロドロの血液を作り出してしまい、
血行を悪くしてしまうのです。

冷え性を起こしてしまう食べ物としては、
ファーストフードやチョコレートがあります。

このような食事だけでなく、
お肉ばかり摂取していたり乳製品ばかり摂取していたりと偏った食事をしていても、
血液をドロドロにしてしまうのです。

血行を悪くしないためにも、
上記のような偏った食生活を送っている心当たりがある方は、
生活習慣を見直す必要があります。

他にも、当然のことながら、
冷たい物を摂取し過ぎると冷えを引き起こしますし、
さらには、胃腸機能の低下も招いてしまうでしょう。

水分を摂るなら、常温のミネラルウォーターや白湯などがオススメです。
タグ:原因 冷え症
posted by mhiesho at 18:09| 冷え症の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。