2011年11月20日

冷え症に漢方が効く

冷え症に効くグッズがかなりの種類売られているようです。

機器であったり、炭系の商品だったりと。

その中でも、体の中から徐々に冷え症に効くものとして漢方薬について説明します。

冷え性は、男性より圧倒的に女性の方が多いと言われています。

それにはいくつかの理由があるのですが、
まずひとつは、女性は月経の関係でホルモンバランスが定期的に変動します。

このホルモンバランスの変動にストレスなどが加わると、
自律神経の働きが悪くなることがあり、
すると身体の末端まで血液を送る働きが鈍くなってしまい、手足が冷えるのです。

このような場合には、ホルモンバランスを整えたり、
自律神経を整える働きのある漢方薬が効果を見せます。

また、月経は体内の血液を出してしまいますから、
貧血になりやすいというのもあります。

このような場合には、必要な栄養素をバランスよくとると共に、
消化器系の働きを促進させる漢方薬が効果を見せます。

これ以外にも、男性と比較して筋肉量が少ない女性は、
もともと血液の循環が滞りやすく、
そのために手足や足腰が冷えてしまう冷え性になりやすいのです。

そのような場合には、血行を良くする働きのある漢方薬が効果を発揮するでしょう。

基本的に、冷え性というのは、血行が悪くなるのが原因で起こります。

ですから、血液をサラサラにしたり、
血行を良くすれば冷え性が解消することは良くあります。

漢方薬の中には、血行促進効果のあるものが多く存在するので、
冷え性に効果のある漢方薬は大変たくさん存在しています。

ですが、選ぶ際には、薬剤師などの専門家によく相談し、
自分の症状や原因に合わせたものを選んでもらうようにしてください。
ラベル:冷え症 漢方薬
posted by mhiesho at 16:46| 冷え症と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

冷え症に効く食べ物

冬の寒さに足や手の先が冷たくて仕方がない。

また、夏も冷房で同じような症状で辛い。

そんなあんたに冷え症に効く食べ物についてお話しします。

冷え性には、食事療法が重要とよく言われますね。

では、どんな食事を心がけたら良いのでしょう?

それは、冷え性の原因や症状によって、いくつかに分類することが出来ます。

・身体を温める食べ物
冷え性対策ですから、身体を温める食べ物が効果的です。具体的には、唐辛子・生姜・ネギ・ニンニクなどの香辛料や薬味です。逆に、トマト・きゅうり・スイカ・柿などは身体を冷やす食べ物の代表ですから、特に生野菜サラダなどは控え、温野菜に変えたほうが良いですね。

・血液をサラサラにする食べ物
血液がドロドロだと血液が流れにくくなり、冷え性になりやすくなります。ですから、血液をサラサラにする効果がある食材の摂取を心がけたいですね。具体的には、マグロなどの青魚やウナギなどの魚類系の他に、人参などのセリ科の野菜・ニンニクなどネギ科の野菜・納豆などの発酵食品・カテキンを含むお茶類・海藻類・豆類などです。逆に、肉類・過剰な糖分摂取(果物などを含む)・チョコレート・アルコール類などは血液をドロドロにします。

・血行を良くする食べ物
イワシ・かぼちゃ・ウナギ・納豆・胡麻などのビタミンEを多く含む食べ物や卵・納豆・胡麻などのビタミンBを多く含む食べ物が血行を良くしてくれるでしょう。また、ほうれん草・大豆製品・レバー・あさり・海藻類などの鉄分を多く含む食べ物も効果的です。

このように、出来るだけ血液をサラサラにして血行を促進し、
身体を温める食べ物を心がけて食べるようにしたいですね。
ラベル:冷え症 食べ物
posted by mhiesho at 11:01| 冷え症に効く食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

冷え症とお風呂について

我々日本人は昔から湯船につかって1日の疲れを取っていました。

お風呂くらいはゆっくり入りたいものです。

最近では、お風呂でテレビを見たり、小説を読めたりします。

できるだけ、リラックスできるような環境づくりも大切です。

では、冷え症とお風呂についてお話ししましょう。

冷え性の方にとって、特に冬場の入浴タイムほどリラックスできる時間はありませんね。

体の芯まで身体が温まると、体の緊張が一気に解けるような心地良さを感じるものです。

さて、冷え性には入浴が良いというのは聞いたことがある人が多いと思いますが、
ただ入ればいいというものではありません。

冷え性の場合、特に冬場は足先が冷え切っていることが多いので、
最初はある程度温度が低めでないと入りづらいのですが、
一旦入ってしまうと、もっと熱いお湯にしたいと思う人が多いのではないでしょうか?

しかし、一般的によく言われるとおり、
実は熱いお湯は冷え性の人にとってもあまり良くありません。

冷え性改善には、血行を改善する事が重要な鍵となってきます。

熱いお湯に入っていれば、短時間で体の芯まで温まることは出来ますが、
お湯から出て冷めれば元通りです。

また、熱いお湯だと体の芯まで温まる前に頭が熱くなるので、
出ることになりがちなのです。

ですから、入浴時はやはり、半身浴でゆっくり20〜30分くらい浸かりたいですね。

出来れば浴槽内で足先のマッサージをしたり、入浴剤を使うと効果的です。

それに、血行促進には、サウナ→冷水浴を繰り返すのも効果的です。

ただ、肝心なのはお風呂から出てからです。

お風呂からあがる際に水を浴びると、
一気に毛穴と血管が収縮するので湯冷めしにくくなります。

さらに、身体が冷える前にカーディガンを羽織る・靴下をはくなどして、
湯冷めしないようにしてください。
ラベル:冷え症 お風呂
posted by mhiesho at 18:29| 冷え症とお風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

冷え症とニキビの関係、そして対処方法

冷え症が原因のニキビは体の中の悪循環が引き起こします。

生活習慣を見直し、食事や食事の摂り方そして
睡眠を十分に取り、ストレスをできるだけためないようにする。

そうすると、冷え症改善になり、ニキビも消えていくでしょう。

では、冷え症とニキビについてお話しします。

一見、なんの関係もなさそうな冷え性とニキビですが、
実はたいへん密接な関係があるというのをご存知でしょうか?

ニキビといっても、青春のシンボルといわれる思春期ニキビではなく、
「大人ニキビ」と言われるニキビのことです。

思春期ニキビは、ホルモンバランスの崩れ・・・
成長期における男性ホルモンの急増が原因なのですが、
大人ニキビの原因はCMでもやっている通り、「たまった老廃物」なのです。

つまり、思春期ニキビと大人ニキビはぜんぜん違うものだという事ですね。

そして、大人ニキビの場合は、冷え性がとても密接に絡んでいるという事になります。

考えてみてください。思春期ニキビは男性の方が圧倒的に多く、
大人ニキビは女性に多いと思いませんか?

何故、大人ニキビが女性に多いかというと、
冷え性は圧倒的に女性に多いからと言えるでしょう。

では、冷え性とニキビがどんな関係なのかをご説明したいと思います。

冷え性というのは、血行が悪いため、体の末端まで血液を送ることが出来ずに、
冷えてしまう症状をいいます。

血液には酸素や栄養を体の隅々まで運ぶという働きがありますが、
それと共に、老廃物を集めてきて排出させる働きもあります。

しかし、血行不良で血液の循環が悪くなってしまうと、
手足が冷えるだけでなく、老廃物の代謝にも悪影響が出てきてしまうのです。

肌の新陳代謝も当然鈍くなりますから、老廃物がたまって肌の再生も悪くなり、
ニキビの温床となってしまうという訳です。
ラベル:冷え症 ニキビ
posted by mhiesho at 15:53| 冷え症とニキビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

冷え症と服装の関係

あなたを冷え症から守るのはあなたしかいない。

ですので、最近のアイテムの情報を収集しながら工夫してください。

冷え症からあなたを守るグッズはたくさん売られています。

最後に冷え症対策グッズのリンクを貼り付けておきますのでご覧ください。

では、服装と冷え症の関係についてお話しします。

冷え性の方は、服装にも気を付けたいものです。

冬場はもともと寒いですから、見えない所でババシャツ着ていたり、
重ね着したり、ヒートテックのシャツを利用したりする人が多いですが、
それでも足が冷えるという人は多いと思います。

やはり、事務系オフィスでは、
まさかストッキングの上から靴下をはくわけにはいきませんから、
どうしても足が冷えるという人が多いですね。

そんな場合には、靴の中に唐辛子やミニカイロを入れておくと温かくなります。

また、冬場よりもむしろ、
夏場のクーラーによる冷え性・冷房病に悩む女性も多いものです。

特に、オフィスのエアコンの風が直撃するような席だとつらいですよね。

職場には必ず、カーディガンなどを常備しておきたいものです。

それに、「ダサい」という理由で嫌う人が多いですが、
女性の場合は特に、腹巻や毛糸のパンツが大変冷え性に有効です。

デスクワークの多い場合は、体を動かさないため、
お尻から腰にかけてが驚くほど冷えてしまいます。

すると、ますます血行が悪くなり、足が冷えることになってしまうのです。

体の中心である腰やお腹を温めるということは、
全身の血行を促進し、身体全体を温める効果があります。

ですが、同じくお腹を覆うのでも、
きついガードルなどの場合は逆に血行を悪くしてしまいますから、避けた方が無難です。

身体にぴったりフィットしている方が温かそうに感じるかもしれませんが、
空気の層があった方が実際は温かいのです。

それらも考慮してコーディネートしてください。

韓国伝統の美容!よもぎホットシート!冷え性の方の必需品!
ラベル:冷え症 服装
posted by mhiesho at 09:53| 冷え症と服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

女性に多い冷え症とは

もともとの男性女性の体の構造上の問題で
女性に冷え症が多くなるのです。

女性が冷え症になる理由はいくつか考えられます。

原因がはっきりしている分は、それぞれ対処方法を検討し、
実行に移しましょう。

では、女性に多い冷え症についてお話しします。

女性の方が男性よりも、冷え性が多いと言われています。

それは何故でしょう?

実は、身体の構造的に、女性の方が圧倒的に冷え性になりやすい身体になっているのです。

女性には定期的に生理があり、その時に大量の血液を体内から失ってしまいます。

ですから、特に生理直後は貧血になりやすいという特徴があります。

また、何故だか、特に貧血に良いと言われるレバーやウナギを
嫌う人も女性の方が多いのです。

生理によって血液を失うだけでなく、多くの女性が経験していることと思いますが、
生理前後は精神的にイライラしたり、生理痛などの体調不良を起こしたり、
さまざまな影響が出ます。

それに、ホルモンバランスが崩れやすく、自律神経の働きも鈍ってしまいます。

それらの影響を受けて血行が悪くなり、冷え性が悪化する人も大変多いのです。

つまり、冷え性は生理が大きく関係しているので、女性に多いという事になりますね。

しかし、実はそれだけではありません。もともと女性の方が身体に脂肪が多く、
筋肉が少ない構造になっています。

これは古来、男性が狩猟に出て獲物を取らなければならず、
女性はその帰りを待ちながら子どもを育てなければならなかったからだと言われています。

瞬発力が必要な男性は筋肉質に、
長期間少しの食べ物で待ち続けなければならない女性は
身体に脂肪を蓄える仕組みになっている訳です。

そのため、筋肉の少ない女性の方が新陳代謝が悪く、血行が悪くなりやすいのです。
ラベル:女性 冷え症
posted by mhiesho at 15:41| 冷え症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。