冷え症マニュアル
冷え性、ダイエットに人気!生姜サプリメント

2011年10月23日

冷え症の改善方法とは

冷え症を改善する方法として、ここでは2つの方法について説明します。

冷え症は冬だけではなく、冷房がかかっている夏にも発症してしまいます。

冷え症に付き合うのではなく、改善してください。

では、冷え症の改善方法について説明します。

冷え性で悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思いますが、
ちょっとした生活習慣を見直すだけで、冷え性を改善することが出来るのです。

いくつか簡単な方法をご紹介したいと思いますので、
冷え性でお悩みであれば是非試してみて下さい。

冷え性を改善するのに一番大事なことは、やはり、体を温めることです。

体を温めることの出来る簡単な方法として、入浴があります。

いつも入浴時に湯船につからず、
シャワーだけで済ませてしまったりしていませんか?

よくダイエットには半身浴が良いと言われていますが、
半身浴は冷え症改善にも効果的なんです。

ちょっとぬるめかな?と思う温度(38〜40℃)のお湯に、
ゆっくり15分程浸かりましょう。

あまり熱いお湯だと、長い時間湯船に浸かることが出来ないので、
すぐに湯冷めしてしまいます。

それに、ぬるま湯の方が血管を広げることが出来るため、
冷え性の原因となる血行不良を解消することが出来るのです。

15分浸かって体が温まったら、
全身をマッサージするようにして体を洗いましょう。

それに、冷え性を改善するためには、食生活にも気を使いましょう。

食べ物には、陰性の食べ物と陽性の食べ物とがあり、
冷え性の方は陰性の食べ物を避けた方が良いと言われています。

陰性の食べ物とは具体的に、トマトやきゅうりなど水分が多く、
体を冷やしてしまうような食べ物のことです。

例えば、生野菜を食べるのではなく、
温野菜など加熱してから食べるといったように工夫してみましょう。

もちろん、全く食べてはいけないのではなく、
バランスの取れた食事を摂取することが一番大事なのです。
posted by mhiesho at 16:31| 冷え症の改善方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

冷え症の症状とは

冷え症は抹消神経まで血液がまわっていないか
もしくは一般より少量なのか?

その原因が夏では冷房、冬は寒さ、そして生活習慣の中原因が存在しています。

冷え症とほっておくこと無いように、改善していきましょう。

では、冷え症の症状についてお話しします。

夏や冬などの季節に関係なく、
一年中、手足の先が冷たいという症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

このような状態を一般的に冷え性と言っていますが、
実際はどのようなことが体で起こっているかご存知ですか?

人間は暑さや寒さを感じ、
自動的に体温をコントロールすることが出来る機能を持っています。

人が寒いと感じた時、血管は収縮して、
体内に熱を溜め込もうとすることで体内を流れている血液が温められ、
その血液が全身を流れることで、体温を一定の温度に維持しようとするのです。

冷え性の場合、手足にまでこの体内で温められた血液が循環していないために、
手足が冷たいという状態が起こります。

すなわち、体内の血の流れが悪い状態にあるということなのです。

血の流れ、つまり、血行が悪くなるのにも、様々な原因があげられます。

例えば、心臓を動かすなど自分自身で意識しなくても
自動的に働いている神経のことを自律神経と言うのですが、
この自律神経が全身に流れる血液の循環をコントロールしています。

なので、自律神経がバランスを崩してしまうと、
全身にうまく血液を循環させることが出来なくなってしまうのです。

そうなると、手足の先まで血液が行き届かなくなり、
冷え性が起こってしまいます。

近年では、若い女性を中心に、
自律神経のバランスを崩すことで血行不良を起こし、
冷え性になってしまうケースが増えているようです。

また、冬など気温が低いことによって、
毛細血管が収縮してしまい、血液の流れを悪くしてしまう場合もあります。

冷え性には様々な原因とケースがあるので、
よく注意する必要があるでしょう。
タグ:症状 冷え症
posted by mhiesho at 16:27| 冷え症の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷え症と肩こり

肩こりがひどいと、なかなか集中できない。

集中できないので、勉強や仕事がはかどらない。

肩こりを早く解消して、勉強や仕事に集中したい。

そんなあなたに、肩こりの原因の一つである
肩こりと冷え症について説明します。

肩こりで悩まされている方は、たくさんいらっしゃると思います。

肩こりを引き起こす原因として、
ストレスや筋肉の緊張などがあげられますが、
冷え性も肩こりを引き起こす原因の一つだと知っていましたか?

冷え性だと、体全体の血流の循環が悪くなることで、
筋肉に老廃物を溜めこんで硬直させてしまうので、肩こりを引き起こすのです。

冷え性と聞くと冬をイメージしますが、
もちろん、冬の寒い時期に体が冷えることで筋肉が硬直することもよくあります。

しかし、冷えは冬だけでなく、夏でも起こりえるのです。


それは、冷房が原因の冷えです。

冷房のきいたオフィスやお店などで過ごすことが多くなる時期ですので、
夏も冷えには注意は必要なのです。

肩こりでお悩みであれば、まず、冷え性対策を行ってみて下さい。

冷房のきく場所では、
必ず一枚カーディガンやシャツなどを羽織る工夫をしてみるのも良いですね。

簡単に脱いだり着たり出来るような物の方が、
上手く体温を調節することが出来るはずです。

仕事中は長時間同じ体勢でいる場合が多いので、
肩や腕を回すなどして、筋肉が凝り固まらないように、
血行を流すように心がけてみましょう。

今日は体を冷やしてしまったなぁ・・・と思ったら、
やや熱いと思うくらいの温度のお湯で足湯をしてあげると体全体が温まります。

5〜6分、足をつけてあげるだけでも、体をかなり温めることが出来ますよ。

また、体の外側からだけでなく、内側からケアすることも出来ます。

野菜サラダよりは煮物や温野菜、野菜ジュースよりは野菜スープなど、
体の内側から温めていく工夫もしましょう。
posted by mhiesho at 09:45| 冷え症と肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

冷え症の原因の食べ物

日本には、四季があり、それぞれの季節でおいしい食材があります。

旬の食べ物は、その季節で人間が必要と思われる要素が入っています。

ですので、旬のものを食べてほしいと思います。

では、冷え症の原因の食べ物について解説しましょう。

実は、冷え性と食生活はとても関係が深いのです。

摂取し続けていると冷え性を悪化させてしまう食べ物もあるので、
今回は少し紹介したいと思います。

冷え性でお悩みの方は、避けた方が良い食べ物がいくつかあります。

このように、避けた方が良い食べ物のことを「陰性の食べ物」と呼びます。

陰性の食べ物とは、体を冷やしてしまうだけでなく、
ドロドロの血液を作り出してしまい、
冷え性の最大の症状である血行不良を起こしてしまうのです。

主な陰性の食べ物としては、
脂肪分の多いスナック菓子やファーストフード、チョコレートやお砂糖なども
陰性の食べ物にあてはまります。

他に、大豆やコーヒーなども避けた方が良いでしょう。

サラダなどの生野菜も体を冷やしてしまうので、
生野菜ではなく温野菜にしたり煮物にしたりと、
加熱調理をしてから食べるように工夫をして下さい。

冷え性の方は避けた方が良い食べ物というだけで、
決して陰性の食べ物が体に悪い訳ではないのでこれは覚えておいて下さい。

陰性の食べ物は元々暖かい地方で収穫される野菜であったり、
夏に収穫される茄子などのことを言います。

体を冷やしてしまう食べ物として陰性の食べ物をあげましたが、
逆に冷え性を改善するために食べた方が良い食べ物のことを「陽性の食べ物」と言います。

陽性の食べ物の代表は、玉ねぎやにんにく・こんぶやひじきなどがあげられます。

陰性の食べ物を絶対に食べてはいけないという意味ではなく、
冷え性を改善させるために、偏った食生活を改善する方法を一度考えてみて下さい。
posted by mhiesho at 05:22| 冷え症の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

冷え症の原因とは

冷え症で困っている人、日本にかなりいらっしゃいます。

この記事で一人でも多くの人が冷え症から解放されることを期待します。

冷え症は、さまざまな原因が考えられます。

その原因を一つ一つ明確にして、それについて改善方法を述べたいと思います。

では、冷え症の原因についてお話しします。

血行が悪くなり、
温かい血液が手足の先まで行き届かない状態を冷え性と言いますが、
なぜ冷え性は起こるのでしょうか。

冷え性が起こる原因は決して1つではなく、
様々な原因が絡み合っていることが多いのですが、
その様々な原因を知ることで冷え性を改善していけるでしょう。

人間は、気温の変化を自動的に察知して、体温を調節する機能を持っています。

しかし、冷暖房器具を使用することによって、体温の調節機能が低下してしまうのです。

このように、冷暖房器具に頼りすぎて、
体温調節がうまく出来なくなってしまうことが、冷え性を起こす原因の1つでもあります。

また、食生活も冷え性を起こす原因の1つです。

冷え性は血行が悪い状態にあると最初に述べましたが、
食生活などの生活習慣が乱れていると、ドロドロの血液を作り出してしまい、
血行を悪くしてしまうのです。

冷え性を起こしてしまう食べ物としては、
ファーストフードやチョコレートがあります。

このような食事だけでなく、
お肉ばかり摂取していたり乳製品ばかり摂取していたりと偏った食事をしていても、
血液をドロドロにしてしまうのです。

血行を悪くしないためにも、
上記のような偏った食生活を送っている心当たりがある方は、
生活習慣を見直す必要があります。

他にも、当然のことながら、
冷たい物を摂取し過ぎると冷えを引き起こしますし、
さらには、胃腸機能の低下も招いてしまうでしょう。

水分を摂るなら、常温のミネラルウォーターや白湯などがオススメです。
タグ:原因 冷え症
posted by mhiesho at 18:09| 冷え症の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

冷え症手と足

血のめぐりが悪い人は冬は憂うつ。
血のめぐりが悪いと、冷たく感じてしまい
なかなか寝付けなくなる。

私は眠る時など、まず、手足を順番に温かくなるようなイメージすると
実際に手足の先が温かくなります。

そして、深い眠りにつきます。

では、冷え症と手と足についてお話しします。

冷え性の話をする時によく、
[[末端冷え性」という言葉を使われる方がいらっしゃいます。

体全身が冷えているのはなく、
手足の先だけが冷たい状態を末端冷え性と言います。

布団に入っていても、
なかなか手足が温まらない状態が続いたりしているようであれば、
それは末端冷え性です。

では何故、手足が冷えてしまうのでしょうか。

心臓は全身に温かい血液を送るポンプのような役割をしていることは、
あなたはご存知ですよね?

手や足は心臓から一番遠いに距離にある部位で、
血液の循環経路をたどっていくと一番最後に辿り着く部位なのです。

さらに、手足の先は、他の部位に比べて脂肪の量も少なく、
保温機能も低くなっています。

そのため、温かい血液が手足の先まで流れてこないので、
末端冷え性が発生してしまうのです。

女性の場合ですと、
このような手足の冷えが悪化すると子宮などに影響を与える可能性があるので、
冷えを改善していく必要があります。

当たり前のことですが、
手足を冷やさないようにするのが一番の改善方法になります。

そのためには、何をするべきかが重要ですね。

例えば、手であれば、寝る時には手袋をして手を温めて寝たり、
仕事中や気がついた時に手をギュッと握ったりして、
手のストレッチを行うといいかもしれません。

足は即効性を考えるのであれば、足湯をおすすめします。

足湯は、自宅でもバケツや桶にお湯をはって足をつけるだけで簡単に出来ます。

方法はどうであれ、手足を温めて、血行を促進させましょう。
posted by mhiesho at 09:02| 冷え症の手と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。